HOME > スタッフブログ > スタッフブログ

見出しが入ります

手作りシャワーチェア

肢体不自由を持つ子どもさんの生活介助の中で、身体が大きくなればなるほど大変になってくる介助の1つに、入浴介助が挙げられます。

昔は抱っこで身体を洗えてだけど、身体が大きくなると抱っこで洗うのは大変なため、シャワーチェアを利用する必要があります。
介護用品でも様々なシャワーチェアが出ていますが、価格も非常に高く、公的な援助も頻回には受けられないため、購入時期に悩まれる方も多いのではないでしょうか?
そのため、作業療法士としていろいろな椅子を考えてきました。今日は、その中の1つを紹介したいと思います。
某ヨーロッパ家具店のビーチチェアの生地を張り替えて、シャワーチェアを作りました。材料費としては、4000円程です。
折り畳めるので、お出かけやご旅行にも持っていって一緒にご飯を食べれましたなどもお聞きしました。
リハビリテーション部主任作業療法士 赤﨑

※本ブログ内の写真及び名前の記載に関して、ご本人及び保護者の許可をいただき、記載しています。


インスタグラムはこちらまで
フェイスブックはこちらまで